見えない裏側矯正について

裏側矯正のメリットとデメリット

周りに知られずに歯を矯正したい人におすすめな裏側矯正

当院は歯並びにさまざまな問題を抱えた人が来院します。中でも多く聞かれるのが矯正治療をしたいが、見た目が気になるという声です。特に大人になって歯の矯正をおこなう人は、周りに知られずに歯を矯正したいと考える人が多いでしょう。

そこでよく使われているのが裏側矯正(舌側矯正/リンガル矯正)という方法です。矯正治療と聞いてイメージしやすいのが、歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を付けてワイヤーを通す方法(唇側矯正)です。

装置は金属製のもの以外にホワイトやクリアのものもあるため目立ちにくくはなりましたが、それでも見れば矯正していることがすぐにわかってしまいます。

一方で歯の表側に装置を付けずに、歯の裏側に装置を付けるのが裏側矯正です。この方法であれば見た目にもほとんど矯正していることがわかりません。口が開いたら見えるのではないかと心配に感じる人もいるでしょう。しかし、裏側矯正に使用される装置は小さく、少し口を開いた程度ではまず見えることはないでしょう。

営業職や接客業、モデルなど見た目が重視される仕事をしている人は多くいらっしゃいます。そんな人にもおすすめしたいのが裏側矯正という方法です。裏側矯正のメリットはそれだけではありません。唇側矯正は歯磨きが難しくなるため、虫歯や歯周病のリスクがあります。一方で歯の裏側は元々エナメル質が厚く、さらに唾液が常に循環しているため唇側矯正よりも虫歯になりにくいと言われています。

裏側矯正には様々な種類があります

唇側矯正にはないメリットの多い裏側矯正ですが、一口に裏側矯正といっても種類があります。

裏側矯正に使用する装置の中でも極めて小さいタイプが、S.t.b. (スモールタイプ)です。小さくて丸みを帯びているため違和感を持ちにくく、痛みを抑えながら素早く歯を移動することができます。

S.t.b. (スモールタイプ)よりもやや大きめなのが、ベーシックと呼ばれる装置です。従来のKurzという装置よりも小さく、歯磨きがしやすいため多くの治療で使われています。
また、ワイヤーで留めないタイプの装置としてはセルフライゲートがあります。開閉式のスライド構造になっているため、摩擦がかからず痛みも抑えることができます。最大部の厚さでも2.1mmなので違和感も少ないでしょう。

効率的に歯科矯正をおこないたい、治療期間をできるだけ短くしたいという人にはインコグニートという手法も用いられます。これはフルオーダーメイドの矯正装置です。

歯の一つ一つをスキャナーで写し取り、歯ごとにブラケットを作成します。そのためブラケットが歯に完全にフィットして効率的に歯を動かすことができるのです。オーダーメイドすることで特殊な形態のブラケットが作製できるので、通常の表側矯正と比較しても圧倒的に虫歯リスクを下げることができるとされています。栃木の宇都宮矯正歯科ではそれぞれの歯の状態や治療に対するご要望を把握して最適な治療をご提案しています。

歯科矯正についてお悩みの方はぜひ栃木の宇都宮矯正歯科までご連絡ください。

裏側矯正のメリットとデメリット

装置を裏に付けるため笑顔も素敵に決まります

歯の裏側に矯正装置を付ける裏側矯正の最大のメリットは、何といっても前から矯正装置が見えないことです。

治療中、他人の目が気になってしまうという人でも裏側矯正であれば気付かれることなく矯正することができるのです。受付など人前に出る仕事の人や営業職の人など、見た目の問題で今まで矯正を諦めていた人でも裏側矯正であれば治療を進めることができます。また、マウスピース矯正が適用できなかった人にも対応できることがあります。

見えない矯正として人気の高いマウスピース矯正ですが、適用範囲が限られているため矯正治療を諦めてしまった人もいるでしょう。そのような人でも対応できる可能性がありますので、矯正歯科にご相談ください。矯正治療は歯が動く期間と動いた歯を調整する期間に分けられ、歯が動く期間を過ぎると歯並びは大きく改善されるのですが、装置が表についていると歯並びが良くなっていることを実感できません。

その点、裏側矯正は前から矯正装置が見えないため、治療が終わるのを待たなくても、歯がそろってきた段階で美しい歯並び実感できることも大きなメリットです。例えば結婚式などで写真を撮る機会があるという人は、それに向けて数ヶ月前から矯正治療を開始すれば当日は美しい歯並びで写真撮影をすることができるでしょう。

歯科医師の技術や経験が求められる裏側矯正

多くのメリットがある裏側矯正ですが、デメリットもないわけではありません。裏側矯正は歯の裏側にブラケットを装着するため舌と接触してしまうことがあります。

そのため装着感に関しては、表側の矯正に比べて舌触りが気になるという人もいらっしゃいます。最初はどうしても気になってしまい、舌で何度もブラケットを触ってしまう人もいらっしゃいますが、1週間ほどで慣れてしまう方がほとんどです。

また舌が矯正器具に当たらないように話さなければいけないため発音がしづらくなってしまうこともあります。特にタ行やラ行などは発音しにくく、舌足らずになってしまうこともありますが、ほとんどの方は1ヶ月もすれば慣れてきますので大きな心配は要らないでしょう。

加えて食事中に矯正装置に食べ物が絡まってしまうこともあります。食べかすをそのままにしておけば口腔環境が悪化する原因になってしまいます。もともと歯の裏側は磨きにくい部位でもありますので、矯正装置を装着している場合はいつもよりも丁寧にブラッシングすることが必要です。

裏側矯正はフルオーダーの矯正器具が必要になるため、費用が気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。一般的に表側矯正よりも高いとされていますが、費用を抑えるためには裏側矯正を一部にするなどの方法もあります。

装置が目立つ上の歯だけにリンガル(裏側)矯正を適用し、下の歯は表側矯正をするという方法で、この方法にすると2割ほど費用を抑えられるとされています。裏側矯正は歯科医師の技術や経験が求められる治療ですので、矯正歯科を専門とするクリニックで相談することをおすすめします。

宇都宮矯正歯科は矯正専門の歯科クリニックです。宇都宮市の当院では矯正治療に関するご相談を無料でお受けしております。お気軽にご相談ください。

無料矯正相談のご案内

当院では、矯正治療についてのご相談を無料でお受けしております。
光学3Dスキャナーを用いた簡易シュミレーションで治療前後の歯並びのイメージをその場で確認しながら、患者様のお悩みやご希望をお伺いし、治療方法、治療の費用、スケジュールなどをご説明いたします。
矯正治療をご検討中の方、興味のある方、お気軽にご予約ください。

9:00~12:00-----
13:00~20:00---
14:00~18:00-----

月(第2・第4)/火/水/木13:00-20:00
土/日(第1・3・5)9:00-12:00, 14:00-18:00
休診日日(第2・4)/月(第1・3・5)/金/祝祭日